センスの良い小物を使う・選ぶにはやっぱりコツがある!

モテる人とモテない人の違い、それはイケメンかどうかではありません。確かに顔の造作は重要な要素の一つといえるでしょう。しかしイケメンがモテるかと言えば必ずしもそうではありませんよね。話が面白かったり、優しさがあったりと内面も重要視されます。
外見で言えば、全体的な雰囲気とかシルエットなんかも大切です。そしてさらに、細かいところまで気を配っているかどうかも重要なモテ要素の一つとなります。小物などの使い方やポイントについてご説明していきます。

靴の良し悪しで男の本性が暴かれる?

外出をする時には必ず履くのが靴です。普段から身につけていますから、多くの人はあまり気にしていません。しかし女性たちは男性とデートをする時に足元を必ずチェックしています。お手入れしているのか、どこのブランドなのか、TPOに合っているのか、そういう細かいところを確認しているのです。
そしてさらに、女性たちは靴の良し悪しで男性の本性まで見えるのだとか。海外のある実験によると、女は男の靴から私生活や収入面、社会的な地位までをほとんど見抜くことができたのだそうです。つまり、ボロい靴を履いていると「生活力がなさそう」なんて思われてしまい、一回こっきりのデートで見捨てられてしまうかもしれないのです。
そうした悲しいことを起こさないためにも、センスの良い品のある靴選びを心がけていきましょう。

時計やカバンで男のセンスが見抜かれる?

時計やカバンからも女性は品定めをしています。そうした小物からはある程度ハッキリと男の収入面が見えてくるからです。やはりお金を持っている人はそれなりに良い時計をしているものです。シンプルなデザインでも機能的でしっかりとしたブランド品を身につけていれば、女性は「この人はお金持ちっぽいな」と品定めをするのです。
カバンは男の仕事ぶりが伺えます。機能的なバッグを持っている人は几帳面で仕事ができそうな雰囲気がありますよね。また、カバンの中身が整っていれば整理整頓ができて家の中も綺麗な気がします。さらに言えば、気配りができて結婚してからも真面目に働いてくれそう、そんなことまで女性はイメージしているのです。
時計やカバンはもちろん好きなものを選ぶのが基本です。ですが、せっかくならば女性からのモテを意識してチョイスしてみるのも良いのではないでしょうか。

アクセサリーは身に着けないほうが良い?

小物の使い方といえば、アクセサリー類もありますよね。指輪やペンダント、ピアスなどは果たしてどうなのでしょうか?もちろん着けてはいけないなんてことはありません。ダンディーな中年男性がさらっとシンプルな指輪を一つ着けているとなんだか渋い気がしますよね。ペンダントも目立たないくらいの雰囲気だと好感触となります。
逆に身に着けすぎると「気持ち悪い」と思われるかもしれません。アクセサリーはワンポイントに、シンプルに、目立たない程度というのが基本です。ジャラジャラと身につけていたり、金ピカのアイテムだと成金イメージになってしまいカッコ悪いのです。それに、いい大人の男が変に飾るのも変ですよね。
ワンポイントであればアクセサリーは良い効果があります。自分の雰囲気や年齢に合ったものを身につけるようにしてみましょう。