タブレットを使いこなすには?

さまざまな人とのやりとりだけでなく、あらゆる用途で使えるスマホはとても便利なモバイルツールです。しかし、便利なモバイルツールはスマホだけではありません。タブレットも便利なモバイルツールとしてさまざまな場面で活躍してくれます。

しかし、スマホとの違いがイマイチわからない、どう使い分ければ良いのかわからない、という方も少なくないようです。
そこで、ここではタブレットを使いこなす方法についてお話してみたいと思います。

タブレットの立ち位置は?

スマホが携帯電話に近いデジタルツールであるとすれば、タブレットはどんな立ち位置になるのでしょうか?新しいジャンルツールですので、この点がよくわからない、という方もいらっしゃるようです。
基本的にはタブレットは、パソコンに近い感覚で使用するのがもっと正解に近いのではないでしょうか。

実際に、タブレットにはWindowsなどのパソコンと同じOSが採用されているものも少なくありません。こういった機種であれば、パソコンと同じアプリケーションをそのまま使用することも可能です。もっと言ってしまえば、キーボードやマウスなどの機器を接続してしまえばパソコンとしての使用だって可能なのです。
実際に、最近ではタブレットをノートパソコンと同じような感覚で使用するためのキーボードなどのアクセサリも登場しています。

ノートパソコンよりももっと手軽に!

だったらノートパソコンで良いのでは?と思われる方も多いかもしれません。しかし、タブレットの最大の魅力は基本的にはタッチだけであらゆる操作が可能となっている、という点でしょう。
電車の中や屋外など、ノートパソコンを取り出すのは難しい、または使用するのが難しいという場面であっても、タブレットであればディスプレイに直接タッチするだけで、あらゆる操作が可能ですので、いつでも思うがままに使用できるのです。
これこそがタブレットならではの魅力であると言えるでしょう。

広いディスプレイでスマホでは実現できない快適な操作を

タッチだけでさまざまな操作ができるのはスマホだって同じ…そう思ってしまう方も多いでしょう。
しかし、スマホのサイズでは難しい操作もあるでしょう。たとえば、細かい表をチェックしたり編集する際に、スマホではかなりのストレスを感じてしまいます。
しかし、タブレットであれば、十分なディスプレイサイズを確保できますので、快適に操作することが可能です。

また、大型のタブレットになれば、ディスプレイにフルサイズのキーボードを表示し、文字入力をすることだってできます。これもまたタブレットならではのメリットであると言えるのではないでしょうか?

また、サイズが大きいことによって、スマホよりも高速なCPU、そして大容量のバッテリーを搭載することもできますので、より高い処理能力が実現できるという点も大きなメリットであると言えます。

スマホほどコンパクトではないし、ノートパソコンほどの拡張性や操作性がないことから、人によってはタブレットは中途半端な存在に感じられるかもしれません。
しかし、上手に使いこなすことができれば、スマホともパソコンとも違った魅力を引き出すことができるでしょう。
充実したデジタルライフを送るために、あなたもタブレットの使い方を見直してみてはいかがですか?