スマホの寿命はどのくらい?

スマホを仕事などでも毎日使用しているという方も多いでしょう。スマホを上手に使いこなすことができれば、電話やメールなどの連絡はもちろんのこと、ウェブサーフィンやスケジュール管理、そしてプライベートではゲームなどをプレイすることだってできてしまいます。
このように、スマホはとても便利なツールですので、今や現代人の必需品となったと言っても過言ではないでしょう。

このように毎日ハードに使用されているスマホですが、やはり機会ですのでいつかは壊れてしまうものです。
では、スマホの寿命はどの程度のものなのでしょうか?

一番に消耗するのはバッテリー?

スマホに限らず、ノートパソコンなどでも同じことが言えますが本体はまだ十分に使用できるものの、バッテリーが消耗してしまい、十分な稼働時間を確保できなくなってしまうことがあるでしょう。 最近ではバッテリーもかなり進歩してきてはいますが、ハイスペックなスマホになると消費電力もかなり大きくなります。そのため、バッテリーの寿命が来るのもそれだけ早くなっています。

では、具体的には寿命はどの程度なのでしょうか?もちろん、機種や使用頻度によって変わってきますが、一般的には2年も使用すればバッテリーの減りがかなり早くなってしまったと感じることが多くなります。
最近のスマホの多くは自分でバッテリー交換をすることが難しくなっています。基本的にはメーカーに送ってバッテリー交換のサポートを受けることになりますが、その費用も期間もバカになりません。そのためバッテリーの寿命が来ると同時に買い替えるという方も多いようです。
そう考えると、スマホの寿命はバッテリーの寿命と同様に2年程度と考えることができるかもしれません。

バッテリーさえ問題なければ使い続けることができる?

機種によっては自分で簡単にバッテリー交換ができるようになっています。また、iPhoneなどの通常はメーカー対応となるモデルであっても、専用工具などがあれば交換できないわけではありません。このような方法でバッテリーの問題を解決すればスマホの寿命は延びるのでしょうか?

残念ながら一概にバッテリーのみを交換すれば使い続けることができるとは言えません。メモリやSSDなどにも寿命があります。もっと言ってしまえば、ディスプレイの液晶やバックライト、そしてCPUにだって寿命があります。このどれかが寿命を迎えて機能を停止してしまったり、パフォーマンスが落ちると、やはり使い続けるのは難しくなってしまいます。

また、こういった問題が起こらなかったとしても2~3年も経てばスペック的に最新のアプリケーションなどに対応できなくなってしまうでしょう。
そう考えると、やはりスマホの寿命は2年から3年程度と考えておくべきでしょう。お気に入りのスマホをいつまでも使い続けたい、という方もいらっしゃるでしょう。しかし、残念ながら機会である以上はいつかは寿命を迎えてしまうのです。

スマホの寿命についてお話してみましたがいかがだったでしょうか?案外短いと思われる方も多いかもしれません。
だいたいこれくらいの頻度で買い替えることになる…そう考えた上でスマホ選びをすれば、もっと上手にチョイスすることができるかもしれません。