エロイプは慎重に…

公開処刑で人生終了…不逞の輩を見分けろ!

エロイプの最大の恐怖…「公開処刑」。単なる遊び目的、あるいはアフィリエイト目的で男の欲求を弄ぶ「釣り師」たちを遠ざけるための3つの方法を伝授します!

エロイプを募集する女の子には、陰険な性格の持ち主もたくさんいます。テレフォンセックスの内容をニコニコ動画など各種の動画サイトに流す、いわゆる「釣り師」にはくれぐれも注意しましょう。顔や声が晒されると、ネット上での笑いものにされてしまいます。 もし知人に知れれば、社会的な信用も失墜。実生活に多大なダメージを食らうことになります。精神的に弱い人ならば、自殺まで考えてしまうことでしょう。「公開処刑」を避けるために、以下のような特徴を持つ「女の子(男かも!?)」には最大の警戒を!

「でも普段は喘いだりしないからな…」という男性も少なくないでしょう。しかし、何も難しく考えることはありません。男ならば、誰でもアダルトビデオを見たことがあるはずです。出演している男優さんたちの声を、恥ずかしがらずに真似てみましょう。

あまりにもエロイプに積極的

「釣り師」は、テレフォンセックスに対して非常にアグレッシブです。チャットの時点から下ネタを連発し、すぐさま「エロイプしようよ」とストレートに誘ってきます。 相手があまりにも性的にフランクすぎると思ったら、決してイージーに飛びついてはいけません。最初は一般的な世間話で、様子をうかがってみましょう。

ビデオ通話がしたい、という女の子

普通の女の子は、自分の体や顔を見せることを恥じるものです。写真だって簡単には見せてくれないでしょう。ビデオ通話でエロイプしようと誘ってくる場合も、「釣り師」の可能性が濃厚。映像の方がニコ生でのウケがいいので、しつこく誘導してくるわけです。 掲示板の書き込みで、「ビデオ通話だけだよ」と限定している女の子には近づかない方がいいでしょう。どんなことでも、魅力的な条件には、トラップが仕掛けられているものです。

執拗な画像の催促

エロチャットの内容も、2ちゃんねるなどの掲示板に晒されることがあります。顔や下半身の写メールを要求された場合も、「公開処刑」の一種かも、と疑ってください。 しかし、ただエロ写真を欲しがっている女の子もいるので、「釣り師」との見極めも困難です。たとえば下半身は自分のものを見せて、顔はネットから拾ってくるなどの防衛策を張っておきましょう。もちろん名前についても、決して本名を使ってはなりません。

性的な欲求を弄んで、ネットに公表する不逞の輩…「釣り師共」を見分けて、安全にエロイプを楽しみましょう。少し冷静になれば、怪しい連中は避けられるはずです。