スマホ依存の生活を改めよう

あなたがスマホを手にいれたのはいつぐらいでしょうか?世の中に流通し出したのが2009年頃からでしょうか。パソコンもまだ使いこなせないのにまた新しいものが出た、と思いつつなんとなく興味はあったりして、大型家電量販店に行ったときにはついつい手に取ってゲームをやってみたりしませんでしたか?私もそんな一人です。

いつのまにかスマホが一番大事なものに

その後、爆発的に普及していったスマホ。その理由の第一歩としてはまずツイッターのブームにあるでしょう。ブログをパソコンで書くよりも手軽で、しかも短い文章でもリツイートされたりすることでどんどん広まっていき、自分が誰かに注目をされているような錯覚に陥るのが流行した理由ではないでしょうか。

また、より人との繋がりを得ることができるフェイスブックや、写真を撮ってアップすることで人々に共有してもらうことでネット上のコミュニケーションが取れるインスタグラムなど、さまざまなSNSが誕生したことでスマホの活用方法も増大していったのでしょう。

そしてとどめはLINEの登場です。それまでメールやツイッターのDMなどで連絡を取っていたのが、より手軽にチャットに近い形での会話を楽しめるようになったのです。LINEがやりたいばかりにスマホを手に入れたという人が私の周囲ではほとんどでした。まあだいたい女性絡みの下心がある人なんですけどね。

そして気が付けば、自分が外出するときに一番気にする持ち物がいつのまにかスマホになってしまいました。とりあえず財布と家の鍵、そしてなによりスマホを無くさないようにというのが最低限の自分の持ち物になったのです。

スマホ依存から離れるには

どうやらいつのまにか、スマホがないと生きていけない生活になってしまったようですね。そこから脱却するには相当な禁断症状との闘いが必要でしょう。

まず電車通勤をしている方は、電車に乗ったらすぐにスマホを取り出す癖を直しましょう。どうしても手持ち無沙汰の場合は、一冊文庫本を持ち歩いて電車の中で読むようにすると良いでしょう。

いつもスマホを見ているよりは相当健全ですし、目も疲れないでしょう。そして家に着いたときは、スマホのライトを落として、あまり目立たないように充電器につないでおきましょう。光っているとつい目が行ってしまうので、なるべく気にならないようにしておくのです。

もちろんまったく手に取らないわけにはいかないですが、常にいじっていることの無いように、家にいるときにはテレビを観たり新聞を読んでみたり、ヒマなようなら何か趣味のことを始めましょう。決してパソコンに逃げたりしない方が良いと思います。

普段からいつもスマホを握ってしまうのは、形が人間工学的に握りたいように出来ているからのようです。そうした誘惑に負けないようにしたいものです。