ドMガールを手懐けよ

スカイプには、調教願望を持ったドMな女の子もたくさんいます。うまく見つけて、言葉攻めとおもちゃプレイで奴隷化していきましょう。精神的に依存させれば、本物のセックスへの道も開けます。

テレフォンセックスを楽しみたいと思っている女の子たちは、大体において「非現実的なプレイ」を望んでいます。実際の性生活では満たされない願望を叶えてみたい、と考えているわけです。とりわけ多いのが、「調教されたい」と思っているドM女。彼女たちを服従させて、エロイプをもっと豊かに楽しみたいなら、3つのコツを押さえてください。

まずはドM女を見分けよ

エロイプ候補の女性を見つけることができれば、まずはチャットを使って彼女の性癖を見極めましょう。調教願望を持った女性は、かなりメッセージが消極的です。特に共通する特徴として挙げられるのが、「言いよどみ」がとても多いというところ。

メッセージの中に、「…」「。。」などの記号が多ければ、まずMだと見て間違いはありません。チャットの中でも高圧的に接して、強引にテレフォンセックスに持ち込んでOKでしょう。相手がいやがるそぶりを見せても、それは「嫌よ嫌よも好きのうち」というやつです。

言葉攻めで飼いならす

調教の際には、とにかく次々と相手の「恥の意識」や「プライド」を踏みにじる発言が必要です。たとえば女性を裸にするときも、「服を脱いで」と優しく要求するのではなく、「おまえいつまで服着てるの?」と言い換えてみる。もっと端的に、「バカかよ」「淫乱女」「変態すぎだろ」と攻めても構いません。久々にエロイプする相手には、「おまえ他の男ともヤってただろ」「そのエロい体で男誘ってたのか」などと、なじってみましょう。

言葉攻めで相手の「自己評価」を徹底的に下げた上で、最後には、「気持ち良かったよ」と優しい声をかけてあげる…これが、ドM女性ペット化に必要な最大のテクニックです。

バイブと鞭で本格的に…

SMプレイを楽しみたいのに、なかなか相手を見つけられない…そんな欲求不満を抱えた女の子も少なくありません。調教できそうな相手を見つけたら、バイブや鞭を使って本格的に攻めていくのもアリでしょう。もちろん相手の体に直接挿入したり、体を打ったりするのではありません。それぞれのおもちゃを使ったときになる「音」で、疑似的なSMプレイを行うわけです。想像力が豊かな女性は、それだけでもしっかりと感じてくれます。

ネット上での奴隷化を進めていって、相手にあなたへの「依存心」を持たせることができれば、リアルでのセックスに持ち込める可能性も高くなります。精神的に弱いドMな女性を見つけたら、「これは本物のセックスのチャンス!」と思い、調教していきましょう。