エッチな言葉を引き出す3つのテクニック

パートナーにエッチな言葉を言わせるには、どうすればいいか…。困っている人は、ぜひご一読ください。チャットで空気を温めて「質問攻め」と「プチ脅迫」を使えば、簡単にエロい言葉を引き出すことができます。

エロイプをするときには、相手にエッチな言葉を言わせるのも楽しみの1つ。しかし女の子は大体が恥ずかしがり屋なので、うまく乗せるためには軽いテクニックが必要です。マスターしてしまえばどんな相手にでも使えるので、実践しながら身につけてください。

まずは空気を温める

相手を見つけて、いきなりテレフォンセックスをすることはほとんどないでしょう。ウォーミングアップとして、軽くチャットでやり取りをしてから通話に流れていくことになります。この時間に2人の間の空気をしっかりと温めておくことが、とても大切です。

「まずは友達になる」というつもりでチャットを進めていきましょう。友達と言っても…と難しく考えることはありません。相手が返事をしやすいようなメッセージを打って、ラリーを続ければいいだけ。野球で言うなら、肩慣らしのキャッチボールをイメージすると良いでしょう。速度よりもコントロールを重視して、チャットを飛ばすわけです。

チャットで仲良くなっておけば、エロイプの序盤から、すでに親密な空気ができあがっています。彼女の警戒心も緩み、エッチな発言のハードルもかなり低くなるはずです。

白々しく質問せよ

たとえば相手の性器を舐めるプレイをしているときには、「今どこを舐められているの?」と質問してみましょう。相手が答えてくれれば、「そういうプレイは何て言うの?」と白々しく質問を続けます。軽く笑うような口ぶりで誘導すれば、相手も答えやすくなります。

何度もエッチな言葉を言わせていると、女性側の羞恥心も薄くなり、もっと大胆に自分から「○○してほしい」とお願いしてくれるでしょう。「質問攻め」も有効な方法です。

プチ脅迫で、攻める

なかなか相手がエッチなことを言ってくれない場合は、じゃあもう電話切ろうか? などと軽い脅迫をしてみるのも1つの手段です。いきなりプツンと電話を切られると、女性としてもかなり寂しい思いをすることになります。「もう寝るね、バイバイ」と脅してみましょう。「待って」と飛びついてきて、あなたの思うとおりにエッチなこと言ってくれます。

以上、3つのテクニックを弁えてテレフォンセックスに臨めば、楽しみもずっと豊かになることでしょう。女性からうまくエッチな言葉を引き出して録音しておけば、プレイ後にはオナニーのおかずにもなります。今晩、エロイプフレンドに試してみてください。